人生設計と社会保険

コロナ対策もあり!国民健康保険料の軽減・減免制度

企業にお勤めしない場合、原則としてお住まいの地域の国民健康保険に加入します。保険料の額は自治体によって差はありますが、負担に感じる人も多いでしょう。しかし、国民健康保険には保険料を軽減・減免する制度があります。コロナ対策、失業、低所得者向け...

コロナ後新常態にお礼品を活用。ふるさと納税の上限額の計算方法

コロナ後の新しい生活様式として通販の利用が提唱されています。ふるさと納税でも通販のような手軽さで、実質2000円の負担で各自治体のさまざまなお礼品を入手できます。ただ、この負担で済むには上限があることが要注意です。 1. 良くも悪くも通販...
人生設計と社会保険

コロナ禍で退職?健康保険には退職前に知っておく準備があります。

コロナ禍で生活が大きく変わる中、これから勤務先を退職する人が増えるかもしれません。企業に勤めているかどうかで健康保険が変わります。退職後の健康保険の選択肢は3つありますが、手続きの締切が14日以内や20日以内と早いです。退職する前から制度や...
FP資格について

アフター・コロナ。お金に関する相談先を間違えないために。

FPの資格試験では、FPと隣接する他の資格業との境界について学びます。コロナ禍の影響が懸念される今その内容をご紹介するのは、経済的問題が絡むなら適切な相談先を選ぶべきだと思うからです。自治体での相談窓口は、場合によってはとても質が悪いことが...
人生設計と社会保険

コロナ対策で国民年金保険料の免除・猶予制度が利用しやすくなりました!

当サイトでも国民年金保険料の免除や猶予制度をご紹介してきましたが、コロナ対策として2020年5月からより利用しやすくなりました。所得が急減した方、ぜひ検討しましょう!(国民年金の未納は避けましょう。そのための免除や猶予制度です) 1. 所...
人生設計と社会保険

コロナで収入減。扶養になれるか?社会保険について解説(一般編)

サラリーマンなどに扶養される人には保険料の負担がありません。このような被扶養者として認めらえるかどうかには条件があります。収入は年間130万円未満であることや、一定の続柄にあることなどです。収入減になったらすぐに誰かの扶養に入れるかは場合に...
人生設計と社会保険

コロナで収入減。扶養になれるか?社会保険について解説(パート主婦編)

社会保険の被扶養者となると、社会保険料の負担をしなくて済みます。被扶養者として認められるかどうか要件の一つが「収入」です。じゃあ、パートでの収入が減ったら夫の「被扶養者」になれるのか? 理屈の上ではなれますが、実務の上では「すぐに」といかな...
子どもの勉強

コロナ禍で巣ごもり。台所で出来る中学受験の家庭学習

当サイトでは、私の体験談からご家庭でできる中学受験の勉強法(主に親子で体験する系の)を発信しています。それにしても…ここまで外出先が限られると厳しいですね。今回は「台所」周りでできることを3つご紹介したいと思います。生活必需品の買い出しまで...
人生設計と社会保険

コロナ禍で注目。国民年金保険料免除制度と、老後の受取額の計算方法(FP受験でも頻出)

国民年金保険料は月額16,540円です(令和2年度)。自営業やフリーランス、20歳過ぎの学生さんなどが納めます。コロナ禍で収入が減る中、負担な人もいらっしゃるでしょう。その場合は「免除」「猶予」制度を使いましょう。この記事ではこれらの制度と...
人生設計と社会保険

コロナで収入減?国民年金保険を「未納」せずに使える「免除」「猶予」制度の現状とは?

コロナの流行、経済停滞、そして家計への打撃が心配されています。税については場合によっては延期されていますね。社会保険については、国民年金保険料について前から「免除」「猶予」という制度があります。未納にするとさまざまなデメリットがあるので、ま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました